夏太りの話

夏太りの話

先週は西のゴーヤのグリーンカーテンの写真を載せておりましたが、今週は東の朝顔のグリーンカーテンです。

さて、夏は実は太りやすいです。
薬局にお越しの患者様でも、食欲が落ちてしまって、激ヤセする方もいらっしゃいますが、どちらかと言えば、夏に体重が増えてしまう方のほうが多いような気がします。

冬は寒いので体は体温を上げようとして、エネルギーを余分に消費します。夏は逆で、気温が十分高いので、体温を頑張って上げる必要がありません。基礎代謝はガクッと下がってしまうのです。

気温が高いと自律神経の関係で食欲は減るのですが、さらに、エネルギー消費も減るのでお腹がすかない、ということがあります。しかし、夏場の食生活をかえりみると、アイスクリーム、めん類、パン、など、すぐにでも脂肪に変わりそうなものを食べていませんか?食欲がないけど、食べて元気を出そうと思って、無理に食べ易いものに手を伸ばしていませんか?

夏は体のほてりを取る効果のある夏野菜と、魚や赤身の肉などのたんぱく質、良質な塩分を取るようにしてください。酢の物や梅干しなど、酸味のある食品を食べてください。
エネルギーに変わりやすい糖分や麺やパンは、体の中にあるビタミン類を消費してしまいます。アルコールは体の水分を逃がしますので同量の水を飲んでください。

あれこれ書きましたが、夏の食生活で、夏太り、夏バテ解消に頑張りましょう!
http://ift.tt/1i9KWZ3