秋ばてに注意

秋バテに注意

この辺りは毎日の晴天に恵まれて暑さで大変ですが、強い台風で被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
薬局では朝顔のグリーンカーテンのほか、ゴーヤ、トマト、バジルなどのお野菜も育てているのですが、今年はトマトが元気で、たくさん実を付けてくれています。草ぼうぼうで、支柱もしっかり立ててあげられていないのですが、甘くておいしい実をたくさんつけてくれています。ありがたいです。
さて、日中はうだるような暑さですが、朝夕の涼しさ、虫の音はもう秋ですね。空も高くなって、秋特有のすじ雲もよく見えるようになりました。
この時期に見られるようになるのが「秋バテ」。
以前は「夏バテ」と呼んでいたのですが、近頃「夏バテ」と「熱中症」と混同されて使われるようになってきたので、この時期の夏の疲れが出る症状は「秋バテ」とも呼ばれるようになりました。
なんとなくだるい、食欲がない、ぼーっとする、朝起きられない、といった症状は、秋バテかもしれません。夏の間、冷房の効いた部屋にいることが多かった、冷たいものばかり食べていた、という方は要注意です。
温度差が影響して自律神経の調子がくるってしまうのも秋バテの原因の一つですが、胃腸を冷やし続けておなかが冷えてしまっていると、血流が悪くなり、全身にエネルギーがまわらなくなります。
そうして食欲が出なくなり、元気がなくなり、体力も低下し、なんとなくだるくて朝も起きられなくなる、といった症状が出てきます。
なので、暑い夏でも、温かいものを食べましょう。お味噌汁は究極のミネラルウォーターともいわれますが、お味噌汁に豚とネギ類を入れたトン汁はビタミンも充実していてとてもおススメです。
エアコンの温度も少し高くしましょう。それから靴下をはいて、足から冷えてくるのも防ぎましょう。お腹から下が冷えてはいけないので、頭は冷やして、それ以外のところは冷やしすぎないように気を付けましょう。
http://ift.tt/1i9KWZ3