そろそろ秋の花粉症

そろそろ秋の花粉症

日曜日、なかよし薬局の所属する企業団体が開催した「親子でおしごと体験」というイベントがありました。小学生のお子様対象に、実際のお仕事を体験していただきたいというイベントになります。なかよし薬局としてラムネ菓子とマーブルチョコを使用してお薬を作ってもらう、という体験を提供した時の写真です。延べ130名くらいのお子様に体験していただくことができました。機械からお薬が分包されて出てくる様子を興味深く眺める子ども達の姿を見ていると嬉しくなり、こちらが元気になりました。
さて、日々秋めいてきましたね。だんだんと、空も、植物も季節の変化が感じられるようになってきました。稲穂は大きくなり、すこし垂れ、木々の葉も少しずつ散り始めています。ススキも随分大きくなって・・・こんな時期、秋の花粉症が近づいてきています。
春の花粉症はスギやヒノキが有名ですが、秋の花粉症の原因植物は、カモガヤ、ブタクサ、ハルガヤ、ヨモギなどが知られています。そろそろたくさん飛ぶ時期にさしかかってきました。秋の花粉症は、季節がら、風邪と間違えられることが多いです。なので、治療開始までに時間がかかってしまうことも。
また、秋はガ、ユスリカ、ゴキブリ、ダニなどの昆虫の死がいが粉になって空中を飛び、それが原因のアレルギーが起きることもあるそうです。
さらに、カビの胞子も原因になることが・・・
秋は花粉だか風邪だか昆虫だかカビだかよくわからないアレルギーが出てくるようで、原因を特定するのが大変ですね。
目や鼻のかゆみはよく春に見られる症状ですが、秋にも同様に目が痒くなったり鼻水が出たりします。さらに、咳がひどく出る方が多いのも特徴だと思います。あまりひどいと喘息になってしまうかもしれませんので、早めの対策を心がけましょう。
http://ift.tt/1i9KWZ3