検査の季節: 尿酸値の話

P1000373 P1000377
薬局の前の桜並木がほぼ満開になりました。
待合の窓から、美しい桜が良く見えます。
桜は急に開き、パッと散ります。
だからこそ印象的で、また来年会いたいと思うのでしょうね。桜からとれる染料は、非常に美しいピンクですが、
その染料を取り出す時期というのは、開花前なのだそうですね。
木の皮を剥いで取るそうです。

木全体で、一年間、懸命にため込んだ桜の色を一気に春に花びらにのせ、そして散っていく。
日本人の心にはそれが響きます。

さて、今日は尿酸値の話。
お花見シーズンだからか、痛風発作でお越しの患者様が増えました。

尿酸値が高い、ってどういうことでしょうか?

尿から作られるから尿酸?いえいえ、実は関係ありません。

尿酸というものは、プリン体というものからできます。
プリン体って、何に入っているのでしょう?

プリン体は、生き物すべてに含まれる、遺伝子(核酸)に含まれます。
遺伝子が多く含まれる食べ物は、これからたくさん細胞分裂しようとしているものや、小さい細胞が凝集しているもの…
だから、魚卵はNGです。
あと、ダシに使うようなものも、うまみ成分が核酸だったりするので、カツオや干しシイタケなども多いですね。

それから、お酒。
お酒は、プリン体も多いのですが、アルコールそのものに問題があります。
何故かというと、アルコールは、尿酸を尿にのせて 外に排泄するのを邪魔します。
なので、余計に尿酸が体の中にたまるのです。
「焼酎は大丈夫」という方がいらっしゃいますが、残念ながら不正解。

尿酸が多くても、発作が起きない人もいます。
発作が起きるか起きないかは、体の中の酸性度に左右されます。
尿酸は弱い酸。
なので、体が酸性に傾くと、だんだん析出してきて、関節で結晶化するのです。
結晶化した尿酸が激痛の原因。

アルカリ性の食品といわれるワカメ等の海藻や、お酢など、しっかり摂りましょう。

コメントを残す