インフルエンザ豆知識

インフルエンザ豆知識

年末が近づいてきました。4週間分以上お薬をもらって帰られる患者様もいらっしゃるので、11月のうちに写真のような表示を出します。なかよし薬局は12月29日の午前中まで通常営業、年始は1月4日からです。今年は元旦に当番が当たっていますので、元旦は9:00~17:00営業します。マイコプラズマ肺炎や、インフルエンザが増えてきていますので、皆さん帰省の際に新幹線等の人の集まるところで感染しないように気を付けてくださいね。

なかよしやっきょくさんの写真
今年はインフルエンザが例年にない速度で流行をしてきているようですね。鳥インフルエンザで新潟の養鶏場で31万羽処分というニュースも耳にしました。
鳥インフルエンザは昔はヒトに感染しないと言われてきましたが、近年とうとうヒトへの感染が確認されてしまいました。生物の種を超えての感染は、ウイルス、細菌、プリオンなどにおいて多くの種で非常に困難であると考えられていましたが、微生物は突然変異しやすく、今まで鳥にしか感染しなかったウイルスが、ヒトにも感染するようになってしまう変異を起こしてしまうことがあるのです。
鳥インフルエンザがヒトに感染すると重篤になる場合が多く、元気な方が感染しても死亡例が多くあります。国としても神経質になっていることでしょう。
ところでインフルエンザのお薬で「タミフル」「リレンザ」「イナビル」など知られています。「タミフル」は数年前に未成年の患者さんに「異常行動」を起こすと言われたことがありましたが、今のところ因果関係ははっきりしていません。もともとインフルエンザウイルスによって脳が侵され、「異常行動」を起こすことが多くあります。なので、インフルエンザに感染したお子様は、うわごとを言ったり、急に起き上がっていつもと様子が違ったり、親御様にとっては不安になる行動が見受けられることがあります。でもインフルエンザが治ったらそれは消失しますので、慌てることなく、インフルエンザにかかっている間は見守ってあげてくださいね。
昔は「抗インフルエンザウイルス薬」などなかったので、インフルエンザによる(特に喘息をお持ちの)お子様の死亡例も今に比べると多かったようです。今は死亡数は激減していますので、お薬の力が発揮されているのでしょうね。