花粉症デビューされる皆様。

なかよしやっきょくさんの写真もう3月も中旬を迎えました。温かくて上着もいらない日もあれば、今日のように冷たい風の吹く日もある薬局周辺のお天気です。県北のほうでは、昨日は雪が降って交通に影響が出ているところもあるそうですね。
薬局周辺は岡山市の中心部に比べると少し気温が低いため、遅くなっておりましたが、ようやく花壇の水仙が開花しました。可憐な花と良い香りで気持ちを和ませてくれます。薬局は桜並木沿いですが、桜のつぼみもずいぶん大きくなっていて、もうじき、例年通り、仕事をしながらお花見をする季節がやってくることを伝えてくれています♪
さて、少し前にも花粉症についてはお話しいたしましたが、今日は花粉症デビューされる方が多い今シーズン、花粉症になったら気を付けないといけないことを書かせていただこうと思います。
今年の花粉は例年よりも多く、PM2.5の影響もあり、かなり激しいアレルギー症状に見舞われておられる方がいらっしゃるようです。これまでなんともなかったのに、急に透明な鼻水が出るようになった、目が痒くなって涙が出るようになった、そういった声を聴くようなりました。
花粉症に初めてかかる方は、その経験のなさが原因で、自分が風邪を ひいたのだと勘違いされることがあります。そして、風邪薬を飲んで対応します。市販の風邪薬を飲むと症状が改善します。なぜなら、市販の風邪薬には鼻水を止める成分が入っているからです。それで、薬がなくなるとまた症状が出て、まだ風邪が治ってないと思って再び風邪薬を飲む、ということが起こります。
市販の風邪薬を飲むのは構いませんが、風邪薬には不必要な成分もたくさん含まれます。透明な鼻水が出る、熱は出ても微熱程度、咳が出ても空咳、目が痒い、涙が出る、といった症状は花粉症の可能性が高いので、花粉症のアレルギーの薬を飲むようにしましょう。
また、花粉症だと思って治療をしていないと、結局粘膜が荒れてそこからウイルスが入って風邪をひくことがあります。うららかで良い季節がやってきても、それを楽しめずに終わってしまってはもったいないので、怪しいと思ったら早めの対応をお勧めいたします。