薬草茶のワークショップをしました。

薬草茶のワークショップをしました。なかよしやっきょくさんの写真なかよしやっきょくさんの写真なかよしやっきょくさんの写真
温かくなり、雨も降って、そろそろ、お庭や畑の草取りに精を出される季節がやってきたと思います。私も薬局の周りに伸びてくる草を取ろうとするのですが、なかなか進みません。タンポポ、オオバコは薬草になるし、カラスノエンドウも食べられるし、少し前はハコベも持って帰ってお料理したり。スギナやヨモギも薬草・・・。そのように考えると草が生えているところは私にとって畑のようなものです。
さて、写真は、先日てんまや岡山店で行われた薬草茶のワークショップのものです。岡山市の円山というところで、丁寧に暮らす生活を提案する佐野明子さんが開催される、「円山マルシェinてんまや」というイベントの一角で行わせていただきました。私の隣に立っておられるのは美咲町の棚田で薬草になる野草を採取して加工してくださっている後藤さん。それを私がブレンドさせていただいて、「日々の薬草茶」として製造してくださって、ワークショップのお菓子を担当してくださったのが「株式会社いち」の河上さんと木内さん。いち、後藤さん、そして私の3社でワークショップを行いました。いちのからだにやさしいお菓子と、後藤さんが取ってきてくださった山の草花(一輪草、二輪草、萱草など)もテーブルに飾られてとても華やかで優しい雰囲気の中、野草の話を色々とさせていただきました。
薬草になる野草は、その薬効もいろいろと知られていますが、それ以前に、野草には現代の人々に足りないミネラルやビタミンが豊富に含まれていて、それが体に良いのですよと話させていただきました。
飽食の時代と言われていますが、大量生産されるたくさんの食べ物をいくら食べても、それらに必要な栄養素が含まれていなければ、ヒトは健康にはなりません。
強い生命力で大地から栄養を吸い取って成長する野草。そのまま食べられるものは食べていただいてもいいですし、お茶にできるものはお茶にして日々口にしていただくだけで、体の悪いものが外に出て、動きにくかったところが良く動くようになり、組み合わせで体を温めてくれたりと、いいことが沢山あります。
なかよし薬局では「日々の薬草茶」各種約1か月分750円(税込み)で販売していますので、一度お試しくださいね。