なかよしやっきょくさんの写真

梅雨に入ったのに一向にまとまった雨が得られない岡山市内ですが、田植えは順調に進んでいるようです。私が大好きな田植えの季節。もちろん、見ているだけだからそのように思えるのですが、田植えを終えたばかりの田んぼは、鏡のように空や山を映し、整然と並んだ苗が本当に美しいですよね。

雨がまだ少なくて、農家の皆さん、田んぼに水を引いたり、畑の水やりをしないといけなかったり、大変ですが、熱中症に気を付けて、体を壊さないように頑張ってくださいね。

さて、6月1日から岡山市の検査が始まり、近隣の病院にも検査の方が沢山お越しになっています。検査結果に一喜一憂する時期が始まりました。また、お隣の病院では胃カメラができるので、胃カメラの後、麻酔が切れきっていない状態の患者様が楽しいお話をして帰ってくださいます。「お金、払ったかな?」と何度も確認されたり、質問の内容や薬の説明を理解するのに時間がかかったり。胃カメラでは、喉に異物が入ってきた時に吐き出そうとする反射を抑えるために軽く麻酔を行うことが多いようです。それで眠ってしまう人、全く効かない人、いつまでも麻酔が切れずにぼんやりしている人、色んな人が居るようですね。

検尿、検便もいろいろ事情で出にくい人は、水分摂取に薬局にお越しになります。コーヒーやお茶を置いているので、飲んでいって、それで何とか対応されたり、それでも結局後日になったり。

血液検査で採血するにしても、人によっては何回もあちこち針を刺さないといけなくなって…

健診1つ終わらせるのもなかなか大変です。

でも、これで薬が減る人だっているんです。検査をしたら基本的に薬が増える、と思って恐れている人が多いですが、血液がきれいになっていたら、もう飲まなくてよくなる薬だってあります。前向きに、正しい食事、適度な運動!そして何より明るい笑顔が皆さんの体を元気にしますので、ご家族や周りの人と毎日楽しく笑ってお過ごしくださいね。