低気圧に負けない体づくり

なかよしやっきょくさんの写真写真は昨夜のカフェセミナーの様子です。中山は月に一度、岡山市中心部のカフェ(Cafe B-style 岡山市北区柳町)で、夜にセミナーをしております。30分お話をして、その後の1時間はカフェの美味しいケーキと飲み物、それから質問や雑談をしております。いつも和気あいあいと楽しい勉強会となっております。

昨夜のテーマは「お薬に頼らないための十戒」ということで、私としては薬に頼らなくてよい体作りのためにできることをお話させていただきました。

その中でも医療費削減の話にはついつい熱がこもってしまいまして…。皆さんも一生懸命聞いてくださいました。次回は11月21日(火曜)です。その次は12月17日(日曜)に総集編として少し長めのセミナーを準備しておりますのでご興味のあるかたはぜひお申し込みください(電話086-294-3955)。

さて、このところ雨続きで稲刈りができていない田んぼをお持ちの方は頭を悩ませていらっしゃるのでは?また週明けから台風が来るそうですし、心配です。

こんな時、頭痛持ちの方は困っているかもしれません。気圧が低いと、頭痛のみならず、古傷が痛む、足腰が痛む、そんなことがあるかもしれません。何度か話しておりますが、気圧が低いと体が膨張して血管や神経などを圧迫して痛みをおこします。体の中の血液やリンパ液がうまく流れないからそのような不調が出てきます。体の中の余分な水分も外に出にくい状態になっています。
そんな時にはストレッチをお勧めします。体の横を伸ばしたり、前を伸ばしたり、後ろを伸ばしたり。のびのびと体を動かしてみましょう。体を動かすことで、血液もリンパ液も元気に流れ出し、膨張した体もすっきりしてきます。
また、ミネラルを補給してやると体液の調節もできますから、野草のお茶、お塩を使うときも天日塩を使用されることなどもおすすめです。

なかよし薬局では各種野草茶を準備しておりますので、お気軽にご相談ください。では、元気に季節の変わり目を乗り越えましょう。