つらくて長引く、横になると出る咳

なかよしやっきょくさんの写真先日お誘いをもらって自然体験の集まりに参加してまいりました。ちょっとした山の中の集落で、炭火でパンを焼いたり、石焼き芋を作ったり、猪汁を食べたり、写真のようなクラフト体験も行いました。子どもたちもたくさん来ていて、くすのきで作ったサンタの顔は十人十色。写真の一番右のサンタはくしゃみしてるみたいに見えますね。クリスマスが近いので、ぴったりな置物になりました。

さて、こちら岡山でもインフルエンザも流行を見せ始め、学級閉鎖も出てきました。なかよし薬局にお越しの患者様にはまだインフルエンザの方はいらっしゃらないのですが、咳がひどくてお越しになる方が多いです。
横になると咳が出る、と大体の方はおっしゃいます。なぜ横になると咳が出るのでしょうか。

もともと気道に入った異物を出すための防御反応である咳。アレルギー体質の方は、もしかしたらお布団のダニやほこりに反応しているのかもしれません。意外とおうちの中の空気って汚れているのですよね。乾燥を防ぐ意味もあり、マスクをして眠るのはおすすめです。

また、眠りに入るためのリラックスモードに入った時に働く神経は副交感神経。筋肉を緩める作用があり、リラックスのために必要な神経なのですが、気道に関しては、少し狭くしてしまいます。それで、少しでも痰が絡んでしまうとしつこく咳が出てしまうのですね。

仰向けに寝るのも、気道を体の重みで圧迫するので、咳が出やすくなる要因です。体制を変えると少し楽になったりしますよね。私は子どもの咳がひどい時はお布団の下に枕やクッションを、背中から上の部分にたくさん挟んで、少し傾斜を付けて寝かせます。そうするとちょっと楽になるみたいで、よく眠ります。私自身もつらい時はそのようにします。

こういう対応ですぐに改善すればいいのですが、あまりに長引く深い咳は肺炎の可能性もあります。そんな時は病院でちゃんと検査を受けましょうね。

では、クリスマスです。元気に家族でお祝いしてください♪