春の七草

なかよしやっきょくさんの写真

あまり綺麗に撮れていませんが、これは私が摘んできた春の七草のうち4種、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、ホトケノザです。我が家では、これらを使って1月7日は七草がゆをしました。スズナ、スズシロは買いましたが、セリが無かったので、6草粥ですね(笑)
1月号のニュースレターでも特集しているのですが、7草がゆに含まれる野草はすべて古来より薬として使用されてきたものになります。今回はそれぞれについてちょっとお話します。
セリ: おソバなどの薬味でもよく知られるセリですが、きれいな水の流れのわきに自生しています。昔から、黄疸、食欲不振、解熱、神経痛などに良いとされていたそうです。
ナズナ: ぺんぺん草とも呼ばれているので皆様良くご存知の野草になると思います。高血圧や動脈硬化、利尿、便秘、止血作用が昔から知られているようです。食べるのも、お茶にして飲んでいただくのも良いですね。
ゴギョウ: ハハコグサという別名があります。全体的に産毛で覆われ、春に黄色いつぶつぶの花を付けます。風邪薬(鎮咳、去痰)として有名で、家族の調子が悪い時に私も煎じて飲ませてあげています。田舎ではよくみられる野草です。
ハコベラ: ハコベとも言います。街なかでもよくみられる、小さな白い花を付ける野草です。昔から血の道を整えるとされ、産前産後の女性が使用していました。消炎作用もあるため、歯磨き粉としても使用されますよ。
ホトケノザ: よく紫の小さい花を咲かせるホトケノザと勘違いされますが、それではなく、「コオニタビラコ」という野草になります。田舎はでよく見かけられ、かわいい黄色の花を付けます。高血圧に効果があるとされていますよ。
スズナ: カブです。胸焼けや腹痛止めなどに使用されるようです。葉にたっぷりとビタミンやミネラルが入っています。
スズシロ: ダイコンです。もちろん葉にも栄養があり、また下痢止めや消化不良にも使用されます。
ほかの野草についてもっと詳しくお話したいですが、長くなるのでこの辺で。どんな野草もミネラルやビタミンが普通の野菜より多く含まれていると思われます。1月7日だけではなく、日々の食生活に、食べられる野草を取り入れてくださいね。