中性脂肪の季節

なかよしやっきょくさんの写真

暖かい日もあればまた寒くなったり、三寒四温ですね。まだ風邪の方は多いので皆様ご自愛くださいませ。

しかし足元をよく見ながら歩いていると、いろいろな野草が顔を出しています。

18日の日曜日に、岡山市内を流れる旭川の河川敷におりて、何か野草がないかしらと、写真を撮るためにウロウロしておりました。そうしますと左上のようなヨモギの芽、右上のようなヘラオオバコ、下の写真は私が一生懸命野草を探している写真なのですが、あの場所にはノビルがありました。このようにもう春はやってきています。皆様も足元に注意しながら歩いてみてはいかがでしょうか。

さて、近頃、中性脂肪やコレステロールの薬を服薬し始める患者様が増えてまいりました。寒かった冬の影響が今出てきているのかなあと感じます。寒いとどうしても運動不足になります。家の中で、こたつに入って必要最小限しか動かない、もちろん外に出て運動する回数も減少する、といった傾向がみられるのではないでしょうか。

中性脂肪は余ったエネルギーが脂肪に変わったものです。食べた脂肪の量ではないのでご注意ください。ご飯・麺やパンなどの炭水化物や甘いものの食べ過ぎで、エネルギーが余ってしまうと、それは中性脂肪に変わります。

寒い冬の間にだんだん余ってきたエネルギーが、脂肪という形で現れてしまっているようです。

ちなみに悪玉コレステロール(LDL)は、コレステロール成分の中の中性脂肪の量が多い状態のものになります。中性脂肪が少ないコレステロールは善玉コレステロールです。なので、中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールが増えることも想像つきますよね。

しかしこういった脂質は、運動したらすぐに減ります。毎日ウォーキングをするとか、自転車に乗るとか、そういった有酸素運動を重ねることでどんどん減ってくるものです。そういう季節、とあきらめずに、運動、がんばりましょう♪。