食物繊維の話

なかよしやっきょくさんの写真

薬局の前の桜並木もようやく開花し、今朝は三分咲きぐらいでしたが、お昼には5分咲きくらいになってきました。岡山市の中心部はもう満開になっていると思いますが、少しここは遅めです。

薬局の中から外を見たら窓一面に桜の花。お花を見ながらの仕事を存分に楽しみたいと思います。

写真は薬局の看板を桜と一緒に撮ったものですが、学生のアルバイトさんがかわいく描いてくれています。「かんてんぱぱ」というのは長野の伊那食品さんの商品「かんてんぱぱシリーズ」の事です。寒天は海藻からとれるものですが、食物繊維の塊です。

食物繊維と聞くと、サツマイモやゴボウなどを思い浮かべる方が多いと思います。目に見えて繊維があるなあと思うものは不溶性の食物繊維。ほかにも豆類穀類などの繊維は不溶性の食物繊維です。
そして、寒天などの海藻、オクラなどのねばねば、リンゴ、バナナなどの果物のペクチンは、水溶性の食物繊維です。

不溶性の食物繊維は腸の中で膨らんで、便のかさを増して腸を刺激します。その結果、排便につながるのですが、取りすぎると便が固くなるので必ず水分を一緒にたくさん取るように心掛けてくださいね。

水溶性の食物繊維は便に水分を含ませて柔らかくし、排便をスムーズにします。また、悪玉菌を減少させる働きもあります。

どちらの食物繊維も上手に摂るといいことがありそうですね。特に食事の一番最初に食物繊維を食べておくと、後から入ってくる炭水化物や脂分を包み込んで、吸収(腸の中から体の中にはいる事)をゆっくりにするので、血糖値や血液中の脂分が急激に増えにくいです。

なので、食べる順番ダイエットと呼ばれるダイエット方法(野菜→肉→ごはん、のように繊維から食べて、炭水化物を最後に食べる方法)はとても有効であると考えています。

ただお通じをよくするだけじゃない食物繊維、最近は免疫機能の改善にも一役買ってるそうで、ぜひ、取り入れてくださいね♪