それは水虫?

なかよしやっきょくさんの写真

まだ蒸し暑いですが、空だけはすっかり秋めいて夕焼けが綺麗になりました。ここ数日、時々ゲリラ豪雨がありましたが皆様大丈夫でしたしょうか。

私はまだ、被災地の避難所に通っているのですが、写真はその道中で撮ったものです。また、私はお盆明けから薬剤師会の活動にも参加させていただいております。担当地域の避難所のみ、夕方から夜にかけて巡回し、避難されてる方へご体調などについて聞き取り、必要であれば最低限のお薬を手渡します。お話を伺っていると、持病のあるかたの多くが通院が出来ていて、必要な薬は手元にあります。でもいろんな理由で薬剤師のアドバイスや薬の提供が必要な方がいらっしゃるので、まだもう少し活動を続ける予定です。お話を聞いていると、色んな心情が見えてきます。私たちに吐露することで少し楽になればいいなと思います。
そんな中で、水虫に悩む方もいらっしゃいます。特に足の指の間に出てきやすい水虫。痒くなったり、皮がむけたり、膿が出たり。また、足の裏などが広い範囲で白くてカサカサになり、何も感じない人もいますが痒くなる人もいます。

気を付けたいのが爪白癬(白癬とは水虫の事)です。爪を作る組織が壊れていたら爪が白くなるのですが、白癬菌が爪の中に入ってしまうと爪がもろくて分厚くなり、白くなったり紫になったりします。

指の間や足の裏にできる水虫は基本的にぬりぐすりで治ります。一度薬を塗り始めたら必ず3か月くらいは続けましょう。水虫の症状は治まっても菌は胞子を作りますので完全になくなるまで時間がかかります。

爪の中に入ってしまったら、普通の塗り薬では治りません。少し前までは飲み薬でないと治らなかったので、副作用や飲み合わせに注意しながら、強い飲み薬を数か月飲んで、治していました。しかし近頃は特別な塗り薬ができたので、それを毎日塗ることできれいな爪が下から生えてきます。大事なのは爪の根元の爪母細胞(これから爪になる細胞)のあるところにしっかり塗り込むことです。

皆さん、ご自分の爪、大丈夫ですか?手の指の爪にできることもあります。爪白癬は、かゆみなどはないのですが、家族の水虫の感染源になりますので、おかしいなと思ったら、かかりつけのお医者さんに相談してくださいね。