なかよしやっきょくさんの写真

なかよし薬局の、中山です。
写真は先日兵庫県養父市の天滝渓谷に行って見つけました、ヤマネコノメソウです。
黄色い花が咲いた後、このように茶色い種を見せてくれます。
自然保護区なので野草を摘むことはできませんが、昔は脾臓のお薬に使われていたとか?ラテン名の由来の解説に書いてありました。
脾臓の薬ってあまり想像つきませんが、免疫にかかわる作用を持っているのでしょうね。見た目も作用も不思議です
今は深い山もたくさんの野草が元気で、歩くだけでウキウキします。皆様も残りのお休みにぜひ行ってみてくださいね。

 今日は近隣の医院と一緒に、なかよし薬局も営業しています。午前はたくさんの患者様がお越しでした。今お昼休みなのですが、ふと、思ったことは、「今日、処方せんをもらったけれども薬局で待つのが嫌だから、休み明けにまたもらいに来よう。」と思った方がいなかったかどうか・・・。

処方せんの有効期限は処方日を含めて4日間です。なので、今日(5月2日)の処方せんは5月5日までに使わないと失効してしまいます。お薬は基本的に、「今、その人の体に必要だから」処方されるもので、日数が経つとその人の体の状態は変わります。なので、その時にその薬をもらっても、合わない可能性があるのです。
たまに、「家にまだ残っている薬だから」という理由で、処方箋をもらった時に薬をもらわずに、期間をおいて薬が切れたときに訪れる方がいらっしゃるのですが、その場合は処方せんは再発行してもらわないとお渡しできなくなります。もちろん、お金も通常通りかかります。
処方せんは腐るものではありませんが、使用期限がありますから、特に休みがあるときは、注意してくださいね。