今日のニュースはこればかり:PM2.5

春めいていますね。
春の草花も、ちょこちょこと花を咲かせています。
ホトケノザ、ナズナ、オオイヌノフグリ…。
小さい花が可憐で、春の草花、大好きです。春だなあって嬉しくなります。

しかしながら、今日は朝から、喜べないニュースが何度も流れますね。
先日は花粉の話をしましたが、今日はPM2.5の話です。
PM2.5って、何だかご存知ですか?

空気中に浮かんでいる、2.5㎛(マイクロメートル)以下の大きさの微粒子の事です。とっても小さいので、吸い込んだら肺の奥まで届きます。
そう聞くと、怖~い気がしますね。

でも、PM2.5って、太古の昔から存在してます。どこででも発生します。
だって、何でも、燃えたら、そんな微粒子発生しますから。
その中身は、色々です。排気ガス、工場からの煙、などで発生し、成分は有機物から金属、発がん性物質もあれば、亜硫酸ガスを含んだり、本当にさまざま。
人が生活していたら、どうしても発生します。
2.5㎛以下の微粒子になってたら、どんな物質でもPM2.5です。
日本でも発生してます。光化学スモッグなどは大体がPM2.5の仕業。
冬は西高東低の季節の風に乗って大陸からもやってきます。

大陸からやってきたかどうかというのは、それが漂っている高さによって決まります。
高い所にあるPM2.5は、風に乗ってやって来ている可能性が高く、それを測定することで、決まります。

そういったものを吸ってしまうとどうなるか。
健康影響に対する因果関係が疫学的にわかっているのが、不整脈などの循環器の病気、さらに、喘息、胎児への影響などいろいろ言われています。
それが付着した食べ物については、水に溶けやすい成分もありますし、水道で洗うことでよく取れるといわれています。

非常にきめの細かいマスクで予防することもできます。
困ったことですが、外出しないのが一番いいのかなあとも思います。

ご自愛くださいませ。PhotoGrid_1393397522099

コメントを残す