サプリってお薬と何が違うの??

8月から、まるで梅雨のような雨の降り方で、この頃は、朝夕涼しくなりました。
写真は、少し寂しくなった薬局のグリーンカーテンです。
秋の虫が鳴くなか、雨に打たれながら、少し黄色い葉っぱを混ぜてゆらゆら風にそよいでいます。
毎年の事ですが、この時期写真右上のような、何かの幼虫がアサガオの葉っぱをモグモグとよく食べて、大きくなります。虫が苦手な方、申し訳ありません。
薬局では毎年アサガオのつるを使用してクリスマスリースを作るので、葉っぱはその時取り除きます。はじめから少ない方が助かるので、虫はいつもそのままです。でも本当に虫が大きくなるので、びっくりされますが。さて、近頃なかよし薬局ではサプリメントを販売させていただく機会が増えています。
ホームページにも少し扱い商品を掲載させていただいております。
良質なサプリメントで、色んな疾患を未然に防ぐことは、病気の苦しみや医療費を考えると、患者様にとって必要なことだと思っております。
所で、サプリメントと医薬品の違いとは、どんなものなのでしょう。

日本では、サプリメントは、食品に分類されます。なので、薬事法で管理される医薬品とは違います。

たまに耳にする「薬事法違反」とは、サプリメントの製品が関与する場合、サプリメントなのに、まるで医薬品のような広告をした際に検挙されるものが多いです。
たとえば、「がんを抑制する作用がある」とか、「糖尿病、高脂血症を改善する」などなど。
ほかにも、漢方にも使われる成分が入っている場合「不老長寿」や「和漢処方」など、健康促進以上のものを書いてしまうとだめです。

医薬品は病気を改善するために、色んな法に基づいた試験をクリアして、国に認められて、初めて効能効果を表示できて、指定された用法用量に基づいて、使用できるものです。

だから、もし、同じ成分を含むものであっても、医薬品とサプリメントは、違います。医薬品は病気を治すもの、サプリメントはあくまで健康促進のための、食品ということになるわけですね。

ちょっと法的な区別について簡単にお話ししましたが、ご理解いただけたでしょうか?

なかよし薬局で販売しておりますサプリメントは、活性酸素を除去する作用のあるもの、炭水化物の吸収を抑えるもの、そして米ぬか成分から抽出された成分を含むもの、という3種類。です。
臨床成績など、ご興味のある方は、お問い合わせくださいませ。
http://ift.tt/1i9KWZ3

コメントを残す