紫外線、そろそろ気を付けて。

春の暖かさに誘われて、蝶もひらひらと舞って来ます。きれいで、はかないような蝶の動きは、春らしく、癒されます。
さて、近頃、雨が多いですが、ときどき晴れると、朝は寒くて、昼は暑い。そんなお天気にお疲れの方が多いかもしれません。
この時期、田んぼをされる方は、そろそろ田んぼに水を引いて、そして田植えを計画する時期では無いでしょうか。
畑をする方も、苗を植えたり、生えてきた草をとったりと、屋外でのお仕事に精を出されることと思います。
私にも子どもがおりまして、上の子は中学で運動部に所属しておりますが、すでに、この春、真っ黒に日焼けしております。
春は、とても紫外線が強い季節だってご存知でしたか?夏のほうが強いと思っていませんか?実は紫外線には二種類あり、UVAとUVBがあります。
UVAは年間を通して降り注いでいますが、5月が、最も強いそうです。UVBは、5月からだんだん強くなり、6~8月がピークなのだそうです。
UVAは、肌の少し奥まで届き、浴びすぎると肌に必要なたんぱく質を作る所を壊してしまうため、しわやたるみの原因になるそうです。
UVBは、肌の表面しか届きませんが、UVAよりも強いエネルギーを持っているので、やけどのような日焼けをしたり、シミやそばかすの原因になります。ひどくなると皮膚がんに発展することも。

紫外線の強さは太陽の高さと関係するそうで、総合的に見て最も強いのは夏至の頃(6月)になります。そのほかにオゾン層の配置やお天気もかかわってきますので、少しずれることもあります。
UVAは年間を通して降り注いでいますので、屋外での作業には日焼け対策が冬でも必要なんですね。
また、UVAはガラスも通ってきますので、UVカットガラスでなければ、室内も要注意です。
そして、曇りや雨の日でも晴天の6~8割の紫外線が降り注いでいるそうですから、曇っていても、しっかり対策しないといけません。

UVBは、いわゆる日焼けの原因ですので、そろそろ、シミやそばかすを作りたくない方は、ガードを頑張りましょう。
http://ift.tt/1i9KWZ3