お子様向けイベントを行いました。

今週は雨続きの岡山です。お洗濯物が乾きませんね。コインランドリーが満員なのだとか。
写真は15日(日曜日)に、地域のお祭りで、「薬剤師体験」というブース出店させていただきました際のものです。なかよし薬局の呼びかけで薬剤師、非薬剤師含め、総勢14人ものお手伝いが集まってくれました。PTAに必要金額を賄っていただいて、子ども達に無償で、「おくすり作り」と、「スライム作り」をさせて頂きました。
おくすり作りは模擬処方せんをもとに、写真のようなチョコレート菓子とラムネを使用して、分包機にかけ、朝昼夕、一回分ずつ分包します。 そして、スライム作りは必要な試薬をこちらで準備し、食紅などの安全な材料で子ども達に作ってもらいました。 どちらも100人分ずつ準備いたしましたが、あっという間に材料切れに。子ども達が意欲的におくすりの事、実験に興味を持ってくれたのだと感じ、とてもうれしく思いました。この中から未来の薬剤師が誕生してくれると嬉しいなと思います。この雨の多い11月に、お天気に恵まれ、最高の思い出ができました。
さて、薬剤師になるためには、今の制度だと、大学で6年制の薬学部に進学し、国家試験に合格しないといけません。私立大学なら特に、国公立大学でも、6年大学に通うとなると学費や生活費が…と心配かもしれませんね。無責任な話ですが、私も自分の子どもが薬剤師や医師になる…と言ったら、ちょっと考えてしまうかもしれません…。でも、良い薬剤師がたくさん育ってほしい、正しい医療が発展してほしいと心から願い、こういったイベントや地域での講演活動など、地道に行っていきたいと思っています。どこかで見かけましたら、声をかけてやってくださいね。
http://ift.tt/1i9KWZ3