春は頭痛の季節

なかよしやっきょくさんの写真

先日、大阪に会議で行くことがあり、初めてあべのハルカスに上りました。写真は17階から少し下の階のテラスを見下ろした風景なのですが、よく見ると、人があんなに小さく見えます。あの黒い人影は置物ではなく人。手すりに見えますが、手すりではなく大きなガラス張りの壁がテラスを囲っています。田舎者丸出しできょろきょろ周りを見渡して、写真を撮ったり道に迷ったりしながら、ようやく会議室に到着することが出来ました。
さて、春はお天気がよく崩れます。気圧の変動が激しく、それに伴って気温の変化もたびたびやってきます。それで体調を崩す人が多いのですが、私も実はその一人で、春は片頭痛を起こしやすい状態になります。特に、私の場合は、春の片頭痛は、前兆を伴うものが多く、前兆が見えた時点で痛み止めを飲んでおくと後が楽になります。小さな光が視界の中心部分に出てきてそれが徐々に大きくなり、視界全体が光でぼ~っとしてくると頭痛が始まります。痛みが強いと吐き気を伴ってしまうので、仕事に支障をきたしてしまいますから、そんな時は私も薬に頼ってしまいます…。

気圧の変動でも、血管が収縮したり拡張したりしますが、女性ホルモンの影響でも収縮したり拡張したりします。もちろん他の要因もありますが、それらが重なると、大きな頭痛が起こりやすくなるのではないかなと思います。片頭痛の場合、いったん脳の血管が収縮してから、拡張し、その時に痛みが発生します。前兆が見える頭痛は、その収縮したときに見えているのだそうです。拡張したときに脳の血管周辺の神経が炎症を起こして痛みが暴走してしまうので、それが起きないようにあらかじめ炎症を抑える薬を飲みます。すると、その後、頭はぼんやりしますが痛みで嘔吐をしないといけない状態はまぬがれます。
あまり頭痛のない方は興味ないお話だったかもしれませんが、片頭痛持ちの方は痛くなってから薬を飲んでも効かなかった経験がおありだと思います。そんな方は早めの服薬をお勧めします

カルシウム摂れば大丈夫?

なかよしやっきょくさんの写真

写真は我が家のベランダです。秋ごろ、プランターのトマトを片づけようかと思った時に、まだ花が咲いて、小さな実が出来ていたので、これが熟したら片づけようと思っていると、冬の間もゆっくりゆっくり成長して、この暖かい気温で、とうとう赤くなりました。
というわけで、まだ片づけられていません。
細い茎の先に大きな実。ぽきっと折れそうですが、また新しい花を下の方に付けていました。

さて、女性のホルモンが足りなくなってくる閉経後の女性は、骨粗鬆症のリスクが大きくなります。
それで、カルシウムを積極的に摂りましょうと言われるのですが、「1日分のカルシウム」と書かれているお菓子やサプリメントに手が伸びていませんか?

カルシウムはそれで一日分・・・でしょうか。
様々なビタミンやミネラルは、推定平均必要量、 推奨量、目安量、上限量が定められています。そしてその推奨量を食べると安心。

なのかもしれないのですが、それを食べたところですべて吸収されるのでしょうか。それからそれはすべて骨になるのでしょうか。
おそらく100%は無理です。

食べ物のカルシウムの吸収を促進するのはビタミンDです
ビタミンDはキノコ類等にふくまれ、日光に当たることで活性化します。
骨を丈夫にするにはたんぱく質が必要です。また、ビタミンKも骨が形成されたところを崩れないようにしてくれる大切なビタミンです。

さらに、運動しないと骨の形成は促進されません。
女性ホルモンのような働きをする大豆イソフラボン(活性化されてから働きます)も破骨細胞の働きを抑えますので、それもとらないといけませんね。

あれもこれも食べないといけないので忙しいですが、骨を丈夫にするには、カルシウムを摂るだけでは、足りないですよ、というお話でした(^◇^)

中性脂肪、増えました?

なかよしやっきょくさんの写真

暖かい冬ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今年は暑い夏、温かい冬、と言われていますが、今週末から寒くなるようですね。風邪の患者さんが多くなりませんように。

写真は薬局から西を見た風景です。いつももっと色のはっきりした紅葉が見えてうつくしいのですが、今年はなんだか茶色いだけの紅葉。お天気がおかしいからでしょうかね?

最近薬局では中性脂肪のお薬が新たに処方される患者様が増えているように思います。皆さん中性脂肪が上がってきたのかな?

お話聞いていると、「体重が増えた」と言われる方が多いです。続けて、「油もんを控えたらええんじゃろう」と言われますが、中性脂肪って、油もので増えるのでしょうか?

食べ物から出てくるブドウ糖はインスリンの働きで血液の中から各細胞内に取り込まれます。細胞の中に入ったブドウ糖がすぐにエネルギーに変わればいいのですが、もし、そのままどんどんたまって行ったら、細胞の中はブドウ糖だらけになってしまいます。そこで生まれるのが、中性脂肪。実は中性脂肪のもとは糖類なのです。糖類はどこから出てくるかというと、果物や甘いもの、それから麺類、パン、ご飯などの炭水化物からたくさんできます。

ですから、油ものより、まずは炭水化物や甘いものを見直してはいかがでしょうか。もちろん油ものの摂りすぎで、太ってしまったり、中性脂肪が増えたりしますが、それよりも早く炭水化物は皆さんの体を太らせます。とくに、精製された白い小麦粉製品は気を付けてください。繊維質をしっかり摂って、そのあとで食べるとずいぶん血糖値の上昇が抑えられるようですから、「食べる順番ダイエット」で、野菜、肉、炭水化物の順で食べられるといいと思います。

冬太りしないために、おなかがすいたときは、まず、繊維が多いものを食べてから、しっかり他のものを食べましょう。

事故の多い季節

なかよしやっきょくさんの写真
写真は朝顔のツルを丸くまとめたものです。夏に待合室を涼しくしてくれたグリーンカーテンの朝顔のツルを、クリスマスの飾りに使います。毎年作らせていただいているのですが、早い者勝ちで差し上げています。秋口に出てくるスズメガの幼虫がいつも朝顔の葉を食べつくしてくれるので、リースにしやすいです。
朝顔は夏も冬もお役立ちです。さて、朝夕はすっかり涼しくなり、暗くなるのも「つるべおとし」で早くなりました。そういえば今日は立冬でしたね。冬至に向かって、日照時間がいよいよ短くなったことを感じます。
さてそんな折、あわただしい気持ちが前に出るからか、事故にあわれる方が多いように思います。交通事故で通院される際、事故でけがをさせられた方は「自賠責保険」を利用されるのが通常だと思います。自賠責保険は強制保険で、入らずに車を運転していたら免停や罰金の対象となります。しかし、自分の過失で自分がけがをしたり自分や相手の方の車が壊れた場合は、「自動車保険」という任意保険に入られていたら、保証されます。でも最近、任意保険に入っておられない方が多いような気がします。
 自損事故ならあきらめがつくのですが、相手の過失なのに相手に車の破損などを保証してもらえない方は、大変です。薬局で患者様からいろいろとお話を聞いていると、体も痛いのに心もつらくなっているように思います。
 巻き込まれて事故にあう場合も、ある程度自分で防ぐこともできますので、これからの季節、気を付けましょう。
さて、これからの季節、お肌の乾燥が原因でかぶれやすいので、湿布を貼るときは、前もって1日前くらいに保湿クリームを塗って、お肌を強くしておきましょう。直前に塗ると湿布がうまく付かなくなるので、かぶれやすい方は日ごろから保湿を心がけてくださいね。

咳の薬いろいろ

なかよしやっきょくさんの写真

この前の日曜、なかよし薬局のイベントとして、日本の棚田百選に選ばれている大垪和西棚田へ、野草を摘みに行ってきました。秋の棚田はところどころに稲が残り、とても美しい表情でした。

棚田は畦にとても良い薬草が生えます。水がしっかりと流れ、そして日がしっかり当たる棚田の畦は、薬草が育つのに最適なのです。薬草は、草刈りや木の伐採などがちゃんとされており、人の手が加わったところに生えることがわかっています。これからも美しい棚田をしっかり守っていきたいと思いました。

さて、今日は咳の患者様がたくさんお越しになったので、様々な咳止めの薬が出ました。原因や症状によって使う薬が違ってきます。それぞれの効き方や注意点についてお話します。

気管支を拡げる薬:喘息のような息苦しい咳に使います。飲み薬のほかに、頓服的に使う吸入や貼り薬もあります。交感神経に働きかけるので、副作用として心臓がどきどきすることがあります。

咳中枢に働きかける薬:痰が絡まない、しつこい咳に使います。いわゆる咳止めと言われるものはこのタイプのものが多いです。中枢に働きかけるので、便秘など、思わぬ副作用が出ることがあります。

アレルギーを抑える薬喘息など、気管支でアレルギーが起きているとが疑われるときは、吸入薬のステロイド薬がよくつかわれます。ステロイドは強力な抗アレルギー薬なのですが、吸入では気管支のみに作用するように設計されています。でも口に残ったステロイドを飲んでしまうと副作用が出ることがあるので服薬した後、しっかりと口をゆすぎましょう。

漢方薬麦門冬湯、小青竜湯、清肺湯など、いろんな体質に合った漢方薬があります。痰の絡む激しい咳や喘息の場合は麦門冬湯、鼻炎を伴った咳などには小青竜湯、体力がない方の、痰が絡む長引く咳には清肺湯など、使い分けがありますのでよく説明を聞いて使うようにしましょう。

秋の蚊はなぜ強い

なかよしやっきょくさんの写真

写真はなつめの甘露煮(かんろに)です。なつめは今の時期収穫できて、リンゴのようなやさしい味がするのですが、みなさんは食べたことがありますか?

中国では「一日食三棗」といって、「なつめを一日3つ食べると老いない」という言葉があるそうです。漢方でも「大棗(たいそう)」という生薬があって、これは滋養にとても良いと言われています。韓国や中国の鍋料理にはよく入っているのをご存知でしょうか。私はお友達にたくさん生のなつめをもらったので、半分干して、半分は甘露煮にしました。お砂糖に黒砂糖を使ったので、えぐみが出るかな、と思いましたが大丈夫でした♪ 夏の疲れが癒されますので皆様もぜひ作ってみてくださいね。
さて、涼しくなって蚊が増えてきました。蚊に刺されるれていませんか?秋の虫刺されはものすごくかゆくなって、ものすごく腫れる気がしませんか?どうも、蚊が秋になって強くなるわけではないみたいで、虫に詳しい人によると蚊は秋に弱っているはずなのですが…。ではなぜこんなにかゆくなるのでしょう。

  答えはどうやらアレルギー反応が強くなるからのようですね。真夏と秋では出てくる蚊の種類が微妙に違うみたいなのですが、そんなことより、自分の体が春から夏にかけてかまれた蚊の唾液(だえき)で免疫(めんえき)ができて、また同じようなものが体内に注入されることで、体がアレルギー反応を起こすようなのです。結局、蚊に問題があるのではなくて、自分の体側に問題があるのでしたね。

ということで、蚊にかまれないのが一番。皆さんしっかり虫よけしましょう。なかよし薬局では天然成分でできた虫よけスプレー「ききりきら」880円を販売しています。人工のディートという成分と同じくらい強い効き目を持っていますが、香りも優しく、赤ちゃんにも使えますので、ぜひ、お求めください。最後は宣伝になってしまってすみませんでした(*^-^*)

止まらない咳

なかよしやっきょくさんの写真

北海道での地震、被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。台風は次々発生しますし、気の休まらない国となってしまいました。そんな折、私事ですが、息子の体育祭を見に行ってきました。当初予定されていた週末が雨だったので平日に行われたのですが、昼休みに応援合戦だけを見に行くことができました。もう高校3年生なのでこれで最後かと思うと寂しいです。しかし、秋空の下で元気に声を出して体を動かす子どもたちを見ていると元気をもらいました。
さて、世の中がずいぶん秋めいて、涼しくなってきました。お布団無しで眠れていたのが、窓を開けて寝ていたりするとお布団からはみ出した足が冷たくなるくらいの気温です。8月末くらいから、風邪を引く患者様が多く、それが長引いているように思います。今年の夏は特に暑かったから、体力の消耗が激しく、いろんな形で体調不良になる時期です。風邪だけではなく、下痢や嘔吐なども突発的に起きているように思います。
長引く風邪ひきの方は特に喉や咳の症状がたくさん出ているように思います。うがいをしたり、トローチをなめたりしていても、どんどんひどくなってしまうようです。咳をし始めると止まらなくなり、横になった時に余計ひどくなり、夜眠れないと訴えられることもあります。咳止めや、喉に良い漢方薬がたくさん出ています。最近よく使われるのは貼薬タイプの咳止めです。胸や二の腕に貼ることができるのですが、薬が皮膚から吸収されて気管支を広げるため、咳が出にくくなります。しかし、心臓がどきどきするなどの副作用も出ることがありますので、気を付けてお使いいただくようにお伝えしています。
 風邪の改善に時間がかかり、咳が連続して出てくるようになることを「咳ぜんそく」と言います。喘息のように「ゼーゼー、ヒューヒュー」と言った音は出ませんのでその違いがありますが、咳ぜんそくも放置していると30%が「喘息」に移行してしまうそうです。そうなっては困りますので、長引く風邪、咳が続くようでしたらちゃんと休んで治してください。風邪の最善の治療薬は風邪薬ではなく睡眠ですので、咳で眠れなくなる前に、体調不良を感じたら必ず睡眠時間を確保して治すようにしてください。
この秋、猛暑だったため、思ったよりも皆さんの体は疲れています。しっかり休んで、風邪を引かないようにお過ごしくださいね。

それは水虫?

なかよしやっきょくさんの写真

まだ蒸し暑いですが、空だけはすっかり秋めいて夕焼けが綺麗になりました。ここ数日、時々ゲリラ豪雨がありましたが皆様大丈夫でしたしょうか。

私はまだ、被災地の避難所に通っているのですが、写真はその道中で撮ったものです。また、私はお盆明けから薬剤師会の活動にも参加させていただいております。担当地域の避難所のみ、夕方から夜にかけて巡回し、避難されてる方へご体調などについて聞き取り、必要であれば最低限のお薬を手渡します。お話を伺っていると、持病のあるかたの多くが通院が出来ていて、必要な薬は手元にあります。でもいろんな理由で薬剤師のアドバイスや薬の提供が必要な方がいらっしゃるので、まだもう少し活動を続ける予定です。お話を聞いていると、色んな心情が見えてきます。私たちに吐露することで少し楽になればいいなと思います。
そんな中で、水虫に悩む方もいらっしゃいます。特に足の指の間に出てきやすい水虫。痒くなったり、皮がむけたり、膿が出たり。また、足の裏などが広い範囲で白くてカサカサになり、何も感じない人もいますが痒くなる人もいます。

気を付けたいのが爪白癬(白癬とは水虫の事)です。爪を作る組織が壊れていたら爪が白くなるのですが、白癬菌が爪の中に入ってしまうと爪がもろくて分厚くなり、白くなったり紫になったりします。

指の間や足の裏にできる水虫は基本的にぬりぐすりで治ります。一度薬を塗り始めたら必ず3か月くらいは続けましょう。水虫の症状は治まっても菌は胞子を作りますので完全になくなるまで時間がかかります。

爪の中に入ってしまったら、普通の塗り薬では治りません。少し前までは飲み薬でないと治らなかったので、副作用や飲み合わせに注意しながら、強い飲み薬を数か月飲んで、治していました。しかし近頃は特別な塗り薬ができたので、それを毎日塗ることできれいな爪が下から生えてきます。大事なのは爪の根元の爪母細胞(これから爪になる細胞)のあるところにしっかり塗り込むことです。

皆さん、ご自分の爪、大丈夫ですか?手の指の爪にできることもあります。爪白癬は、かゆみなどはないのですが、家族の水虫の感染源になりますので、おかしいなと思ったら、かかりつけのお医者さんに相談してくださいね。

夏の血圧低下。

なかよしやっきょくさんの写真昨日あたりから朝夕涼しくなってきた岡山です。関東から北は動きの読めない台風で激しい風雨に翻弄されているところがあるようですね。お見舞い申し上げます。
写真は薬局の西側の窓で育てているグリーンカーテンのゴーヤです。今年は実が大きくなりません。収穫できても見の大きさは10㎝ほど。写真の雌花は膨らみかけてすぐ黄色くなってしまいました。こうなったらもう実は育たないのです。暑さのせいでしょうか。西日が差すころは暑さが厳しすぎて、熱帯育ちのゴーヤも、大きくなれないようです。
さて、最近血圧の薬が変更になる患者様が増えてきました。なんとなくご存知の方が多いと思いますが、冬は血圧が上がりやすく、夏は血圧が下がりやすい。それは血管の収縮、拡張が関係しています。冬は寒いので体表面の筋肉、血管は収縮して熱を逃がすまいとします。すると細い血管を血液が通りますので、内側から血液が血管壁を押す力(血圧)が高くなります。逆に夏はその必要がなく、熱を外へ逃がさないといけないので、血管は拡張します。そうすると血圧は下がります。
 立ち上がると目の前が暗くなる「立ちくらみ」。それは、頭の血管が開いていて、立ち上がったときに頭の血液が下に落ちてしまうから起きる、貧血に似た症状の一つです。頭には脳があります。脳の血流が悪くなる。すなわち脳の働きが悪くなる。物忘れ、判断力の低下につながる…。意外と低血圧って恐いんですよ。とくに、高齢の方は、脳の機能が低下しやすいので注意が必要です。血管を開くタイプの血圧の薬を飲んでいる方は特に要注意です。
同じ理由で、高齢の方の血糖値についても同様に低血糖に気を付ける必要があります。脳にとって糖類は栄養。それが低下しすぎると脳の機能に支障をきたします。なので、糖尿病を患ってお薬を飲んでおられる方は気を付けてください。
高齢の方の血圧と血糖値の基準値は若い方よりも少し高めに設定されています。75歳以上の方で、ほかの病気のない方は、家庭で測定する血圧を下げる目標値が収縮期血圧145/拡張期血圧85mmHg未満となっています。
血糖値は詳しくここに書ききれないのですが、例えば中等度以上の認知症のある方で、インスリンの注射をしておられる方はHbA1cの目標値が8.5%未満となっています。
このように、血圧や血糖値は下げすぎも気を付けないといけないので、ほどほどの治療を心がけてくださいね。

夏かぜも流行っています

なかよしやっきょくさんの写真暑いですが皆様お元気でお過ごしでしょうか。台風12号、西日本豪雨災害で被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。
写真は薬局のグリーンカーテンです。朝顔がずいぶん伸びて、そろそろカーテンらしくなってまいりました。待合室から外を眺めるときに少し涼を感じて頂けるといいなと思います。建物の反対側は、ゴーヤのカーテンが出来つつあります。収穫もできているのですが、あまり大きな実がなりません。暑いからですかね~。
さて、最近夏かぜの患者さんが増えてきました。皆さん、だいたい、喉の痛みを訴えて、その後咳が出ているように思います。エアコンの風に当たって眠ると喉を痛めて咳が出て…という感じだと思います。そういう私自身も風邪を引いてしまっていたのですが、数日、咳に苦しみました。豪雨の後の猛暑で体力が低下しているうえに、エアコンで体が冷え、抵抗力がさらに弱り、ウイルスが体に侵入してしまったのでしょうね。猛暑にいったん風邪を引いてしまうと、暑さでどんどん体力が奪われていくので、回復がとても遅くなります。さらに、暑いからと言ってエアコンに当たりすぎると、その冷えがさらなる悪化を招きます。
 また、被災地の場合は、基本的にすごい量の砂や、ほこりが舞っていますので、粘膜が傷んで、余計にウイルスが侵入しやすい状況になっています。被災地の皆さんは気を付けてください。
夏の風邪の予防対策についてまとめます。被災地ではマスクは必須です。暑いから食欲がなくて栄養が偏りがちです。食べやすい麺類やアイスクリームばかり食べる傾向がありますが、炭水化物や糖質の食べ過ぎは、ビタミンやミネラルの接種が少なくなってしまううえ、体の中のビタミンを破壊し体のバランスをどんどん崩していきます。夏だからこそ、炭水化物は控えて、たんぱく質や野菜類をしっかりとるようにしてください。夜はよく眠るようにしてください。暑くて寝苦しいかもしれませんが、首のあたりに氷枕を入れたり、冷たく感じるシーツなどを使用していただくのもいいでしょう。エアコンも暑い夜は使用していただかないと熱中症になってしまうのですが、風が直接体に当たらないようにしてください。
夏かぜをひいてしまったら、予防と同様に夜は必ずしっかり眠っていただいて、体力を回復してください。食べられるようでしたらたんぱく質も野菜もしっかり食べてください。水分補給も、お忘れなく。