心地よい目覚めを遮る、アレのお話。

薬局周辺は小雪がちらついたものの、路面には全く残らず、良く晴れた一日となりました。
しかし全国的には雪に見舞われている様子。交通機関にもかなりの影響が出ているようです。外出には十分注意していただきたく思います。
被害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。

写真は先日薬局の付近で撮影した霜です。気温があまり低くなくても霜が降り、逆にすごく寒いときに霜が降りてないことがありますね。
今朝は氷が張っていましたが、霜は降りていませんでした。
霜の降りる条件は気温が4℃以下で風が弱いこと。なのだそうです。
今朝は氷点下の気温でしたが、風が強かったので、地表に水蒸気がたまる余裕がなかったのでしょう。
空気中の水蒸気が地表で凍ると霜、空で凍ると雪。どちらも美しいですね。
さて、今日は急激に処方量が増えた漢方薬がありますので、それに触れたいと思います。
その漢方薬の名前は「芍薬甘草湯」。パッケージには「68」と書いてあることが多いです。
これは、色んな疾患に使用されますが、筋肉のけいれんに使用されることが多々あります。
寒くなるとトイレが近くなりませんか?夜中に目覚めてトイレに行く回数が増えませんか?
夜中に起きたとき、縮こまった体を伸ばして起きようとすると、「ピキッ!」と足がつってしまう方が急増したのです。
トイレに行きたいのに、足が痛くて歩けず、「這って行ったわ。」とおっしゃる方も。
トイレの時でなくとも、座っていて立ち上がろうとした瞬間などにも起こります。
芍薬甘草湯は、予防的に1日3回飲んでいただいてもいいですし、痛くなった時に飲んでいただいても、30分くらいで効果を発揮します。
いつも寝ている時に足がつる方には、「寝る前に1包飲んでおくといいかもしれません」と言ってお渡ししています。

そもそも、なぜ足がつるのでしょうか。
筋肉の伸縮に不可欠なのは、ミネラル。夏場に熱中症が多く発生した際、見かけた方もあるかもしれませんが、熱中症の症状の中に「けいれん」というものがあります。
汗とともにミネラルも体外に放出されますので、筋肉がミネラル不足に陥り、けいれんを起こすわけです。
汗をかかない今の時期に起こるのは、寒さで血流が滞り、筋肉がこわばっておりますので、そういった症状が出やすいと考えられます。
ミネラルと言っても、いろいろありますが、特に、マグネシウム、亜鉛などをお勧めします。
ナトリウムは、いわゆる食塩、塩です。高血圧の原因となりますのでお勧めしておりません。
塩分を控えて、どうやってミネラルを摂ったらいいのでしょう。
答えは海のものです。ミネラルを豊富に含んだ海水こそ、必要なもの。でもそのまま飲むわけにもいきません。「にがり」にはマグネシウムが含まれていますので、炊飯時に少し混ぜてみるのもいいでしょう。
貝類を潮汁にして丸ごといただくのもいいでしょう。
海藻を食べるのもおすすめです。

ただし、塩や醤油は控えてください。寒さで血圧が上がりやすい状態ですそれ以上血圧をあげないようにお気を付けください。
年末年始、美味しいものがたくさんありますから、色々と気を付けて、体に良いものを選んで、お召し上がりになりますように。

体を温める食べ物と、冷やす食べ物!

日本列島が、急に冬型気圧配置にすっかり飲みこまれ、全国各地で初雪の声を聞きますね。
師走に入り、冬将軍の本領発揮です。岡山もすっかり冷え込み、風邪ひきさんも一段と多くなりました。
写真は6日前に撮影した薬局近くの川沿いのもの。昨日、写真のイチョウは一枚も葉を残していませんでした。はかなく、美しいイチョウの黄葉でした。
さて今日のお話は、冷えに効く、体を温める食べ物と、逆に冷やしてしまう食べ物。
体を温めるもので一番に思い浮かべるのは、しょうが、と言われる方が多いかもしれません。
しょうがには、体を温める成分がたくさんあります。なかよし薬局でもしょうが湯を置いていますが、本当によく売れて行きます。
(唐辛子も、食べた時はすごく熱くなりますね。その時は体を温めるのですが、汗がたくさん出ますので、そのあと冷えてしまいます。なので、その冷えに注意して下さいね。)このたびは詳しい成分はお話しせず、食べ物の名前をリストアップしていきたいと思います。

冬に収穫する食べ物や寒い地方で育つ食べ物は、一般的に、そのもの自体、自分の体を温める必要があるので、体を温める成分があるのではないかと言われています。

ごぼう、カボチャ、れんこん、玉ねぎ、にんにく、にんじん、山芋…冬に獲れて、色が赤や黄色のものがよさそうですね。特に地下にできるものは良いそうです。

でも白菜、大根は、冬に獲れるけれど、体を冷やすそうです。キャベツも冬にもとれますが、体を冷やすようです。

果物にも温める果物と冷やす果物があります。
寒い地域でとれるものは、体を温める傾向が。
りんご、さくらんぼ、いちじく、あんず、ぶどう、もも(夏に収穫しますが)...

冬に獲れるけれど体を冷やすのは
みかん、柿、レモン、キウイ…
熱帯地方で取れる果物、たとえばバナナ、パイナップル、マンゴー等はどれも言うまでもなく体を冷やします。

実はお肉にも温めるお肉と冷やすお肉があります。
体を温めるお肉は、羊(ラム)、鹿、牛、鶏肉、鶏肉のレバー、赤身の肉。
体を冷やすお肉は、豚肉なのだそうです。
確かに、北海道ではジンギスカンを良く食べますね。

お肉と来たらお魚です。
体を温めるお魚は、鮭、マグロ、カツオ、イワシ、サバ...
体を冷やすお魚は、ウナギ、ハモ、アサリ、シジミ…
なるほどという感じでしょうか。

穀類も分類しておきましょう。
体を温める穀類は、もち米、黒米、小豆、黒豆...
体を冷やす穀類は、アワ、小麦、緑豆、ひえ・・・
ちなみに、普段口にするうるち米は、温めも冷やしもしないものに分類されていますので、ご安心を。
お正月に黒豆入りのおもちを食べるのは、大正解ですね。

なかなか面白いでしょう。
食べ物を色々工夫しながら、寒さ対策していきましょう。
http://ift.tt/1i9KWZ3

爽やかな、乾燥した風吹く季節

台風18号による被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
岡山は台風被害もほとんどなく、過ぎ去ったあとはさわやかで涼しい秋の気配に包まれています。
薬局のお隣りの柿が大きくなり、重みで枝がしなるようになりました。
無造作に片付けられた物置の裏、この時期の柿の木を見ると、日本の秋だなあと、しみじみ感じます。さわやかで涼しい秋の風邪には、水分があまり含まれていません。
そろそろ、乾燥の季節ですね。
前よりも紙がめくりにくくなった、なんとなく唇が割れやすくなった…。なんてことはありませんか?

そろそろ始りました。保湿が必要な季節です。
ハンドクリームも豊富に商店に並び、化粧品もさっぱりタイプからしっとりタイプに変わるころ。
体の表面の肌のみならず、のどの乾燥も気になります。
粘膜の乾燥は、粘膜の傷つきやすさを呼び、粘膜が傷つくと、ウイルスやアレルゲン(アレルギーを起こす物質)が中に入りやすくなります。

なので、風邪をひきやすくなったり、アレルギーを起こしやすくなったりします。
意外と必要な水分補給。この時期忘れないようにして下さい。
のどにクリームを塗るわけにいかないので、油を飲む?いえいえ、
ここで大切になるのはビタミンCです。

ビタミンCがどうしてお肌にいいかご存知ですか?
肌や粘膜はコラーゲンというたんぱく質でできています。
ビタミンCはそのコラーゲンの体内での合成に不可欠な補酵素なのです。
ビタミンCがたくさんあれば、皮膚や粘膜の再生がどんどん行われるのです。
写真の柿にもたくさんビタミンCが含まれます。ほかにも、みかんや、この時期取れるお野菜にもたくさん。
季節の食べ物、しっかり食べて、ビタミンCを補給しましょう。
水分も、忘れずに。寒い時期は、スープやお茶で、温かく頂いて下さいね。
http://ift.tt/1i9KWZ3

ももっこカード協賛始めました!

なかよし薬局は、ももっこカードに協賛開始しました。
ももっこカードは、岡山県の妊婦さんから、小学生までのお子様がいらっしゃる家庭に無償で交付されています。
カードの提示で様々な特典が受けられます。
なかよし薬局では、保険調剤以外の商品のご購入の際、お会計から5%お引きいたします。
ぜひご利用くださいませ。http://ift.tt/WrHzXo
http://ift.tt/1i9KWZ3

蒼い蜜柑、8月中だけお取り扱いします。

これは広島の尾道で取れた青いみかんです。
青いみかんには皮の部分にたくさん栄養が含まれています。
まだ酸味が強いので、カボスやすだちと同じように汁を絞っていただいたり、皮のまますり下ろしてもいただけます♪
無農薬なので皮ごと食べるのがオススメです。
レモンと同じように蜂蜜漬けにしてもおいしいです。
みかんの香りがちゃんとします。
8月中は薬局の方に置かせて頂くことに致しました。
こちらのページに恥ずかしながら私と薬局の写真が載っておりますのでご参考ください
http://ift.tt/1sHkPOv
http://ift.tt/1i9KWZ3

皆さんのお盆休み。薬局のお盆休み。

なかよし薬局は来週水曜からお盆休みに入ります。
なかよし薬局のお盆休みは8月13日(水)から17日(日)です。
写真のように、店内に貼りだして表示しておりますが、表示しているのを見ても、忘れてしまうのが人というもの。
小さな紙にお休みを印刷して患者様の薬の袋に入れてお渡ししています。
右下の写真は、大きく広がったグリーンカーテン。あまり花をつけませんが、葉っぱを大きく広げてくれています。
お盆休みに雨が降らなければ、水やりに来ないといけませんね。さて、お盆休み。なかよし薬局にお電話いただいたら薬剤師の携帯電話が鳴るようになっています。
お盆休みに多いのが、不慮の怪我です。
お盆休み、帰省なさったり、帰省の方をお迎えになったり。
特に多いのが、お孫さんと遊ばれた方が、思ったより力が強くなっていたお孫さんに体当たりされたり、上に乗られたりして、骨にひびが入ってしまったり、筋を痛めてしまったり。

逆に、お子様、お孫様も、慣れない山里での生活で、蜂に刺されてしまったり、河原で転んでしまって怪我をしたり、ウルシの木でかぶれてしまったり。

帰省予定の方にお願いしたいのが、お薬手帳を一緒にもっていっていただきたいことです。
特に常に飲んでいる薬があったり、持病があったり、くすりにアレルギーのある方は、お願いしたいです。
何の薬を飲んでいるか、記憶してすらすら言えない方が大半だと思うのですが、飲んでいらっしゃる薬が何かわからないと、飲み合わせが正確に調べられないのです。

「血圧の薬を飲んでいるのよ。白くて小さい、丸いお薬。一日1回。」

といわれても、白くて小さくて丸い、1日1回の薬は山ほどあります。
血圧の薬と一言で言っても、血管を開くもの、血圧上昇物質を押さえるもの、心臓の働きを抑えるもの、……本当にいろんな種類があり、相互作用もそれぞれです。

そういう方には、「お薬を一回飲んで、何かおかしいと思ったら、すぐにお知らせくださいね。」と言ってお渡ししますが、内心ドキドキです。
是非お薬手帳をお持ちになってください。なかよし薬局では薬の手帳カバーに複数カードポケットを付けたものをお渡ししています。
そうすることで手帳と保険証、診察券がセット出来て、「病院セット」になるので、その一冊をどこへ行くのも持って行っていただくようにお願いしています。そうしたら、忘れませんからね。

というわけで、お盆休み、思わぬことが起こりますので、ぜひ、普段よりも気を引き締めて、体をお守りくださいね。
http://ift.tt/1i9KWZ3

おなか、ゴロゴロ、春の嵐。

昨日は午後から強い風と共に雨が降り、お天気が少し崩れた岡山でしたが、今日は晴天。
この時期、風や雨の後、薬局の前の桜並木を見ると、写真のような小さなサクランボが落ちています。
食用ではないのですが、ソメイヨシノのみからなる桜並木でも、実をつけるのですね。
多品種を一緒に植えていると、ソメイヨシノでも、よく実がなるそうなのですが、そこからとれる種は、ソメイヨシノではないそうです。
どんな桜かわかりませんが、種を取ってみようと思います。

さて、本日はおなかを壊してお越しの患者さんが多かったので、「下痢」についてお話します。

下痢とは、普段の便よりも柔らかかったり、水のようだったりする便の事で、何らかの原因で消化管に異常が起きている状態です。おなかが痛くなることもあります。
下痢の原因は、冷え、水分の取り過ぎ、お薬の副作用、食中毒、ウイルス性腸炎、アレルギー、ストレス、などなど人によって色々です。

下痢のお薬として、よく出るものは、乾燥させた乳酸菌の粉末や錠剤、もしくは止瀉薬でしょうか。
そもそも、下痢というのは異物を排除しようとする生体の反応の一つと考えられていますので、腸の中にいる悪い菌を外に出す意味で、無理やり止めるようなことはせず、善玉菌(乳酸菌)を腸に届けてあげて、腸内のバランスを整えることを一番に考えます。
でも、冷えや暴飲暴食などによる下痢は、無駄に体内の水分を外に放出することを防ぐため、腸の過剰な動きを止める止瀉薬を使用します。このお薬の中には、飲みすぎると便秘になってしまうものもあるので気をつけて下さいね。

そのほかに、おなかが痛くなる人には、腸のけいれんを止める薬が出ることがあります。内臓の痛みというのは、そのけいれんが原因でおこることが多いので、鎮痙剤と呼ばれるものが出ます。
細菌感染が疑われる場合は抗生物質、
アレルギーが原因の時は抗アレルギー剤、
それから、総合的に優しく治す漢方薬、
こういう薬を組み合わせて処方されることも良くあります。

でも回復のために一番大切なものは何でしょうか。
下痢は体力を奪いますので「休養」、そしてもう一つ、「電解質」です。
下痢をすると便と一緒に大量の水分がなくなります。
水分と一緒に出ていく電解質(イオン)を、補ってあげないといけません。
軽い場合はスポーツ飲料でも良いのですが、カロリーも高いし電解質の濃度はそこまで高くありません。
お勧めは経口補水液です。電解質の濃度も高く、体液のバランスの回復も早いと考えられています。現在はOS-1という商品をテレビなどで見かけると思いますが、そういったものを常備しておかれると、いざという時安心かもしれませんね。
http://ift.tt/1i9KWZ3

5月病。どんな人がかかりやすい?

皆様、本日からお仕事という方も多くいらっしゃると思います。
連休中は帰省やご旅行などで渋滞の中をドライブされた方、逆に親戚がお集まりになり日ごろ慣れない騒がしさを体験された方、お休みのお疲れは出ていませんか?

なかよし薬局では本日多くの患者様がお見えです。
やはりお休み中に体調不良になられたり、薬がなくなってしまった方、お電話を頂いて対応した方もいらっしゃいました。
お休みの日に限って、何かと起こるものです。

写真は、花壇のラベンダーです。
ようやくつぼみが開いて、可愛く咲いてくれています。
精油には心を穏やかにする作用があるそうです。

さて5月です。
5月と言えば、五月病ですね。
4月から新しい環境に入り、慣れないところで一生懸命動き回り、疲れが出てくる学生さんや新社会人さん、転勤族さんに見られる病気です。
基本的には体と心が疲れてしまう、「うつ病」のような状態と考えられています。

でも1~2か月もすれば、自然と改善するそうなので、安心…?
5月病になりやすい人は、内向的な人、過保護に育てられた人など、そういった方が多いそうです。
皆様はいかがでしょうか。

誰かに話すことが出来るでしょうか。
そもそもうつ病になりやすい人は、がんばり屋さんが多いそうです。
なので、色々と仕事を投げかけられても、「出来ませ~ん」って言ってしまえる人は、うつ病になりにくいそうです。
逆に、「はい!」と言って引き受けて、しんどいけれども顔に出さずにどんどん抱え込んでしまう人は、人に「しんどい」と言えない人です。実は内向的で、それが成し遂げられなかった時、「自分はダメ人間だ」と思ってしまうのです。そして5月病に。

でも最近は新しいうつ病も出ているそうで、職場ではうつ病になっていても、アフター5は元気いっぱい…。そんな人は「上司が悪い」「先輩が悪い」と、心療内科でお話しになるそうです。それは、きっと過保護タイプの方なのでしょうね。

色々難しい季節ですが、辛いことがあったら、とりあえず、誰かに話を聞いてもらいましょう!
家族に話すのが難しければ、お悩み相談ダイヤルもありますし、きっと、誰かに話すことですっきりすことでしょう。
ラベンダーは、タイミングの良い花です。
このお花も、きっと心を落ち着かせてくれますよ。
http://ift.tt/1i9KWZ3

検査の季節:コレステロール編

IMG_20140115_132758

一月は年を通して平均気温が一番低いそうですね。年明けからの寒波で岡山の県北に先日訪れた際、写真のような、吹雪に見舞われました。

温暖な岡山県ですが、今年は特に雪がよく積もっている気がします。

さて、本日は、小正月ということで、お飾りを収納されたご家庭も多いのではないでしょうか。

そろそろお正月気分が抜けてきて、お仕事や日々の家事のリズムを取り戻される方も多いと思います。

そんなときに、ふと思い出して、血液検査の結果をもって病院に訪れ、お薬が変更になる方がいらっしゃいます。

今日はコレステロールについてお話しします。

「コレステロールが高いって言われたわ」

と言って処方箋をもってお見えの方。

食べ物の中に含まれる、コレステロールという成分。

たくさん入っている食べ物は、卵の黄身の部分。魚卵、甲殻類、イカ、タコなど。これは意外と知られていません。

「コレステロールが高いって言われたから、ずっと油ものを控えてダイエットしてきたのに、なぜ下がらないの?」と言われる方もありますが、油ものではなく、上記のような食べ物にたくさん入っているのです。油ものにもよりますが、意外とお肉の脂身のコレステロール量は、卵に比べると微々たるものなのです。

コレステロールを下げるために、あっさりとした食生活を続けていても、卵焼きや茶わん蒸しなど、卵をふんだんに使った料理を食べていたら、本末転倒というわけです。

また、さらに知られていないのが、血液中のコレステロールは、食品由来が30%程度、肝臓で作られたものが70%程度。

人間の体は、わざわざ肝臓でコレステロールを作ってしまっているのです。

コレステロールは、豊かな食生活を送っている方にとっては、悪者ですが、もともとは、細胞膜を作る重要な成分であり、様々なホルモンの原料にもなる、体にとって不可欠な物質なのです。

でも、必要な量以上が合成されてしまうと、血液内に増えてきて、悪玉コレステロール(LDL)を合成します。

近頃一番よく処方されるコレステロールの薬は、肝臓でのコレステロール合成を止める薬です。

それが一番効果的に作用します。

また、EPAやDHAという魚油の成分のお薬も近頃よく見かけるようになりました。

そのお薬は、血液中のコレステロールと置き換わったり、血管を強くしたりして、動脈硬化になるのを予防します。中性脂肪の低下や血液サラサラにもつながりますので、コレステロールが少しだけ高い方で、健康志向の患者様にはウケの良いお薬です。

もちろん、食品からのコレステロール吸収を抑制する薬もあります。

このように、患者様に合わせた様々なお薬が存在します。

その前に、食事で、コレステロールを下げるのが一番ですので、指摘された方は、誤解のないように、コレステロールを含まない食事を、まずはお試しくださいね。

そうそう、大豆製品はコレステロール低下作用が強く、特に納豆は王様です。好きな人は、塩分の多いタレを控えめにかけて、続けてみるのもいいかもしれませんね。

お知らせです。なかよし薬局のfacebookページを作成いたしました。

こちらも少しずつアップしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

https://www.facebook.com/p.nakayoshi

なかよしやっきょくです。

あけましておめでとうございます。

2014年、皆様どのようなお気持ちでお迎えでしょうか。

なかよし薬局は、本年も、これまでと同様に、ゆるやかに、患者のみなさま、地域のみなさまとともにスタッフ一同歩んでいきたいと思っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

これまで、http://nakayoshi.asablo.jp/blog/の方でブログをさせて頂いておりました。

2014年からはこちらで心機一転、色んな情報を発信していきたいと思っています。

是非ともよろしくお願い申し上げます。

 

なかよし薬局は2011年、平成23年、3月に開局いたしました。

少し田舎の町医者の門前薬局として、ゆっくりと、皆様のおかげ様で順調に、これまで歩んでくることができました。

ありがとうございます。

管理人を致します、わたくしは開設者のなかやまといいます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2014年の、なかよし薬局の仕事始めは1月5日でございました。

お正月の間に風邪をひいてしまった、事故に遭ってしまった、転んでしまった…。

という患者様が初日から大勢お越しでした。

不思議ですね。

なぜ病院が休みの時に限って、ご自身が休暇に入られたときに限って、体調を崩したり、ハプニングに逢ったりする方が多いのでしょう。

いつもと違う行動パターンや、病院が休みだという不安感からこういうことになるのでしょうか。

 

皆様におかれましては、お正月休み、有意義にお過ごしでしたでしょうか。

なかよし薬局は今年も明るく発信してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。