抗生物質って何。

 薬局のすぐ近くの郵便局の前の植え込みに、カラスビシャクを見つけました。見えますか?カランコエなどの中に、ひょろっと長い緑の花を出しています。里芋の仲間ですが、面白い花を付けますね。カラスビシャクって、薬草なんですよ。


根っこ(芋のような球茎の皮を取って干したもの)が半夏(ハンゲ)という生薬になります。効能は、去痰、鎮吐、鎮静、利尿などがあります。
ちょうど今頃、半夏生のころに収穫しますので、半夏という名前が付いたようです。


山に行くと、大きな、よく似た花をつけるマムシグサと呼ばれる植物があるのですが、それは毒草ですから触らないようにしましょう。

さて、風邪をひいたとき、抗生物質をもらって帰る人ともらって帰らない人がいます。よく、窓口で「あら?風邪なのに抗生物質が出てないの?」と言われることがあります。
抗生物質は風邪には効きませんよ、と答えます。

抗生物質で一番有名なのは、最初に発見された、ペニシリンかもしれませんね。カビが作る抗生物質で、たまたま細菌を培養していた培地にカビが生えて、カビの近くには細菌が増殖しなかったから発見された成分です。1928年の話です。
ペニシリンが抑えたのは、細菌であってウイルスではありません。風邪はウイルスが原因で起きる病気で、抗生物質は風邪には効きません。

 でもなぜ風邪引きでも抗生物質を出される人がいるのでしょうか。それは、風邪をひいているだけではなく、風邪による抵抗力の低下で、二次感染として細菌が体の中で増えていることが確認された人なのです。


 むやみに抗生物質を飲んで中途半端に辞めてしまうと、その人の体の中で抗生物質が効かなくなった細菌が増えてしまいます。それを耐性菌と言います。いま、その耐性菌が増えてしまって問題になっているので、抗生物質をむやみに欲しがらないように、気を付けてくださいね。

虫刺されに気を付けて

なかよしやっきょくさんの写真

写真の花、見かける方は多いかもしれません。

スイカズラという植物です。つる性なので、フェンスなどに巻き付いているかもしれません。

ちょうど花が咲いているのが今頃の時期で、写真の花は白いのですが、徐々に黄色くなります。

黄色と白の花を金と銀に見立て、「キンギンカ」と呼ばれています。キンギンカは手中やホワイトリカーなどに漬けて、薬酒にします。

風邪の引き始めや、のどのイガイガ、インフルエンザにもよく効きます。なかよし薬局では「金銀花のど飴」や、「スイカズラ茶」もあります。良かったらお求めくださいね♪

 

さて、先日薬局の周りで草取りをしていると、顔を蚊に刺されてしまいました。草が元気になるときは、虫も元気。特に雨上がりは蚊が多いですね。

蚊といえば、地球の温暖化に伴って、日本にも蚊が媒介する病気が増えてくるのではないかと懸念されています。

蚊が媒介する病気で話題なのが、2014年に国内感染が確認されたデング熱です。でもジカ熱も海外で感染して持ち帰ったり、もしかしたらマラリアも上陸するかもしれないし…

と脅したところで今は大丈夫だと思いますが、海外の流行地域に行かれる方、国内で流行が確認され時、虫除け、もしくは長袖長ズボンはお忘れなく。

蚊ではないですが、ワンちゃんと一緒に山に行く方は特に、マダニにも気を付けてください。マダニは最初小さなかさぶたみたいになって、一見わかりません。でもよく見て下さいね。マダニだと確認できたら、抜かないでください。引き抜くと、頭部だけが体に残ってしまいます。

ウイルスを媒介しますので、ちゃんとお医者さんに行ってくださいね。特に、虫に刺された後、体に異常があるときは、必ず病院に行くことをお勧めします

処方せんの使用期限

なかよしやっきょくさんの写真

なかよし薬局の、中山です。
写真は先日兵庫県養父市の天滝渓谷に行って見つけました、ヤマネコノメソウです。
黄色い花が咲いた後、このように茶色い種を見せてくれます。
自然保護区なので野草を摘むことはできませんが、昔は脾臓のお薬に使われていたとか?ラテン名の由来の解説に書いてありました。
脾臓の薬ってあまり想像つきませんが、免疫にかかわる作用を持っているのでしょうね。見た目も作用も不思議です
今は深い山もたくさんの野草が元気で、歩くだけでウキウキします。皆様も残りのお休みにぜひ行ってみてくださいね。

 今日は近隣の医院と一緒に、なかよし薬局も営業しています。午前はたくさんの患者様がお越しでした。今お昼休みなのですが、ふと、思ったことは、「今日、処方せんをもらったけれども薬局で待つのが嫌だから、休み明けにまたもらいに来よう。」と思った方がいなかったかどうか・・・。

処方せんの有効期限は処方日を含めて4日間です。なので、今日(5月2日)の処方せんは5月5日までに使わないと失効してしまいます。お薬は基本的に、「今、その人の体に必要だから」処方されるもので、日数が経つとその人の体の状態は変わります。なので、その時にその薬をもらっても、合わない可能性があるのです。
たまに、「家にまだ残っている薬だから」という理由で、処方箋をもらった時に薬をもらわずに、期間をおいて薬が切れたときに訪れる方がいらっしゃるのですが、その場合は処方せんは再発行してもらわないとお渡しできなくなります。もちろん、お金も通常通りかかります。
処方せんは腐るものではありませんが、使用期限がありますから、特に休みがあるときは、注意してくださいね。

インフルエンザが流行っています。

なかよしやっきょくさんの写真写真は先週末、吉備津神社で見かけた梅の花です。梅の木が何本かありましたが、一本だけ、かわいい花を咲かせていました。
梅の実は未熟な青いうちに収穫して、藁を焼いた煙でいぶし、燻製にすると、生薬の烏梅(うばい)というものになります。風邪をひいたときに洗って煎じたらいいそうですよ。梅干しも、黒焼きにして、熱いうちにお湯を注いで、崩れたものを飲むと良いそうです。
また、梅干しは、食欲を増進したり、胃を元気にする薬、としても知られていますよ。ミネラルやクエン酸もたっぷりで、夏の熱中症予防にもなるし、夏でも冬でも使える、万能薬ですね。

さて、とうとうやってきました、インフルエンザの季節。冬休みにいろんなところでもらってきたウイルスが、学校のスタートと同時に蔓延し、同じクラスのみんなが一度にお休みするようになってしまいます。
インフルエンザや寒波って、ちょうど、成人式やセンター試験の時期と重なるのですよね。新成人や受験生への試練です。
 ところで、最近のインフルエンザの飲み薬、ご存知ですか?新しい飲み薬(ゾフルーザ)は1度飲むだけでよいものが出ています。通常大人は1回2錠(体重が80㎏以上の方は4錠)飲みます。とても手軽にはなりましたが、胃腸が悪くなりやすい人は、一回で済むだけの吸入薬(イナビル)がいいかもしれませんね。吸入薬は一度に2キット(計4回)吸入したら終了です。お子さんは1キットだけ吸入します
新しいお薬がいろいろと使われるようになり、インフルエンザの直りは早くなりましたが、熱が下がっても、まだ体からウイルスが出ていますので、発症して5日、もしくは、熱が下がってからまる2日は学校をお休みしないといけませんので、お忘れなく。皆さんにうつしたらいけませんから、元気になってもおうちで我慢してくださいね。
 では、外出するときは人混みを避けて、毎日の体調管理を万全に、冬を元気に乗り越えてくださいね。