血糖値下がりすぎの話


今回は野草ではないのですが、丑の日にちなんでウナギです。ウナギにはたくさんの脂溶性ビタミン(特にA・D・E)が含まれていて、夏バテの体によく効いてくれます。
 写真は私の実家近くの魚屋さんのものですので、関西風の腹開き尾頭付きです。岡山では背開きだから頭が無いんですよね。
 ウナギには山椒をかける人が多いと思います。山椒には臭み消し、消化促進などウナギとの相性ピッタリな効能があります。
ただ、スーパーなどの丑の日で売れ残ったウナギの大量廃棄が問題になっています。フードロスの観点から、そこはいつも胸が痛みます。

 さて、前回、高齢者の低血圧は危険だから夏場は血圧の下がりすぎに気を付けるようにお願いいたしました。今度は血糖値についてお話したいと思います。低血糖になると脳に糖が回りませんので脳の動きも悪くなりますし、脳細胞にも悪影響が出ます。皆さんのHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値はどれくらいですか?

HbA1cは過去1か月間の血糖値の高さを表す指標です。正常値は5.2未満(NGSPでは5.6%未満)と言われています。
 
一般の人は治療しなくていいのは「7.0%未満」ですが、高齢者では、健康状態や使用している薬の種類、認知症などの程度に応じて、目標となるHbA1c値が「7.0%未満」「7.5%未満」「8.0%未満」「8.5%未満」のいずれかになります。

 高齢な方が血糖値を下げるお薬を飲んでいる場合、低血糖を引き起こすことが多くなります。また、HbA1cが高い場合も、逆に6%未満の場合も、脳卒中の率が高くなるらしく、注意が必要です。
 血糖値は若いうちはなるべく上がらないように気を付けて、高齢になったら逆に下がりすぎも気にしないといけません。難しいですが、食養生大切ですので頑張りましょう!





血圧下がってますよね

なかよしやっきょくさんの写真

【血圧下がってますよね】

こんにちは。なかよし薬局の中山です。
写真はアルバイト先の大学で見かけるノブドウです。

二枚の写真を見比べていただくとわかると思うのですが葉っぱの形が違います。でもどちらもノブドウ。同じ株でも葉の形が違うことが有ります。

面白いですよね。

そろそろ収穫時期が終わりかけ…。ノブドウはとてもきれいな実が出来ますが、ヤマブドウとは異なり、食べられません。

 大体写真くらいの状態の時、枝を葉っぱごと刈り取って洗って乾燥させてお茶にします。
これが、すごくいいお薬になるのです。ずっと飲んでいると肝臓に働きかけ、脂肪肝などを改善したり、高血圧、糖尿、関節炎、不整脈、花粉症にも効果があると言われています。
 味は特に癖もなくおいしいので、お勧めです。

ところで、最近血圧が下がっていませんか?おうちで血圧を測定している人は、病院で測定する血圧との違いを感じていませんか?

 白衣高血圧と言って、おうちで測る血圧と病院で測る血圧との差が20mHgくらいある方が結構いらっしゃいます。

 夏場は血管が開くので血液が通りやすくなり、血圧が下がりやすいです。あまり下がりすぎると脳に血液が回らなくなりますので、少し危険な状態になることがあります。

特に高齢者のかたは、脳に血液がちゃんと行き届かないのは認知機能にもかかわる大きな問題で、日本高血圧学会による「高血圧ガイドライン(JSH2014)」では、74歳までは140/90mmHg未満、75歳以上は150/90mmHg(人によって140/90mmHg未満)としています。
75歳以上の方は、血圧が少々高めでも許されることがあります。お薬で無理やり下げなくても良い時代が来ています。

 おうちでマメに血圧を測定して、それを手帳につけて病院に持っていくようにしましょう。

血圧の高い低いはあまり自覚症状がないことが多いですが、なんだかぼんやりする、ふらふらする、といったことがあればもしかしたら下がりすぎているかもしれません。

 病院で先生に測定値を見てもらって、お薬を調節してもらいましょうね。冷夏とはいえ、下がりすぎたままこの夏を超えるのは危険です。

#ノブドウ #野草茶 #薬草 #野草 #薬草茶 #なかよしやっきょく #血圧 #薬減らしましょう

家族の支え。

なかよしやっきょくさんの写真
これは本日患者様のお宅に行った帰りに見かけた池の睡蓮です。
忙殺されて、周りを見ていなかったため、いつも通り過ぎる池にこんなに睡蓮が生えていたのを知りませんでした。今日は花がよく見えて、気付くことが出来ました。睡蓮の仲間である(ハス)は花(つぼみや雄しべなども含め)も実も種も茎も葉も根茎やその節目もそれぞれすべて薬になります。
 漢方にもよく使われています。全体的に下痢止めや鎮静などに効果があります。普段何気なく食べている蓮根ですが、見る目が変わりますね。
今回は、家族の存在が、その方の心を大きく変える、と思うことが最近多かったので、そのことについて書きたいと思います。
高齢ドライバーによる事故が連日報道される中、家族の勧めや自主的に免許証を返納される方も増えています。ということは、病院に通う際、家族に送迎してもらう高齢者の方も増えると思います。
私は心の動きが体調を左右すると信じています。ストレスを感じた状態では治る病気も治らないと思います。送迎している時の家族の気持ちが「忙しいのに面倒だな」と思って態度に表したり、送迎されている方が「気を遣ってつらい」と思っていたら、「自分は家の厄介者」という気持ちが高くなるのではないかと思います。そう思う人が病気を治そうとするでしょうか。
 逆に、車の中の会話が楽しみだと思える状況だと、おのずと家族と一緒に過ごす時間が長くなるようにと、努力されると思います。
 外に行きつけのお店や居場所があり、公共の交通機関や自転車で動ける方はいいのですが、家庭にしか居場所がない方の場合、家庭が100%です。免許証を失った喪失感に家庭の居場所まで失わせてしまうとその後の認知機能や体調を大きく左右してしまいます。
 ご家族の方だけに求めるものではないのですが、普段から、何でも話し合える家族関係というのは大切だ、と私自身に言い聞かせています。

抗生物質って何。

 薬局のすぐ近くの郵便局の前の植え込みに、カラスビシャクを見つけました。見えますか?カランコエなどの中に、ひょろっと長い緑の花を出しています。里芋の仲間ですが、面白い花を付けますね。カラスビシャクって、薬草なんですよ。


根っこ(芋のような球茎の皮を取って干したもの)が半夏(ハンゲ)という生薬になります。効能は、去痰、鎮吐、鎮静、利尿などがあります。
ちょうど今頃、半夏生のころに収穫しますので、半夏という名前が付いたようです。


山に行くと、大きな、よく似た花をつけるマムシグサと呼ばれる植物があるのですが、それは毒草ですから触らないようにしましょう。

さて、風邪をひいたとき、抗生物質をもらって帰る人ともらって帰らない人がいます。よく、窓口で「あら?風邪なのに抗生物質が出てないの?」と言われることがあります。
抗生物質は風邪には効きませんよ、と答えます。

抗生物質で一番有名なのは、最初に発見された、ペニシリンかもしれませんね。カビが作る抗生物質で、たまたま細菌を培養していた培地にカビが生えて、カビの近くには細菌が増殖しなかったから発見された成分です。1928年の話です。
ペニシリンが抑えたのは、細菌であってウイルスではありません。風邪はウイルスが原因で起きる病気で、抗生物質は風邪には効きません。

 でもなぜ風邪引きでも抗生物質を出される人がいるのでしょうか。それは、風邪をひいているだけではなく、風邪による抵抗力の低下で、二次感染として細菌が体の中で増えていることが確認された人なのです。


 むやみに抗生物質を飲んで中途半端に辞めてしまうと、その人の体の中で抗生物質が効かなくなった細菌が増えてしまいます。それを耐性菌と言います。いま、その耐性菌が増えてしまって問題になっているので、抗生物質をむやみに欲しがらないように、気を付けてくださいね。

カルシウム摂れば大丈夫?

なかよしやっきょくさんの写真

写真は我が家のベランダです。秋ごろ、プランターのトマトを片づけようかと思った時に、まだ花が咲いて、小さな実が出来ていたので、これが熟したら片づけようと思っていると、冬の間もゆっくりゆっくり成長して、この暖かい気温で、とうとう赤くなりました。
というわけで、まだ片づけられていません。
細い茎の先に大きな実。ぽきっと折れそうですが、また新しい花を下の方に付けていました。

さて、女性のホルモンが足りなくなってくる閉経後の女性は、骨粗鬆症のリスクが大きくなります。
それで、カルシウムを積極的に摂りましょうと言われるのですが、「1日分のカルシウム」と書かれているお菓子やサプリメントに手が伸びていませんか?

カルシウムはそれで一日分・・・でしょうか。
様々なビタミンやミネラルは、推定平均必要量、 推奨量、目安量、上限量が定められています。そしてその推奨量を食べると安心。

なのかもしれないのですが、それを食べたところですべて吸収されるのでしょうか。それからそれはすべて骨になるのでしょうか。
おそらく100%は無理です。

食べ物のカルシウムの吸収を促進するのはビタミンDです
ビタミンDはキノコ類等にふくまれ、日光に当たることで活性化します。
骨を丈夫にするにはたんぱく質が必要です。また、ビタミンKも骨が形成されたところを崩れないようにしてくれる大切なビタミンです。

さらに、運動しないと骨の形成は促進されません。
女性ホルモンのような働きをする大豆イソフラボン(活性化されてから働きます)も破骨細胞の働きを抑えますので、それもとらないといけませんね。

あれもこれも食べないといけないので忙しいですが、骨を丈夫にするには、カルシウムを摂るだけでは、足りないですよ、というお話でした(^◇^)